間食、補食。

只今、錦織VSフェデラー戦‼️
グランドスラムでは初対戦とのことですが、
やっぱこの二人の試合は見ていて面白い!
(因みに私、フェデラー以上にいい男は今この世に存在しないのではないかと思っております💖)
主人は仕事、娘はテニス。一人ソファでお茶飲みながら観戦の至福の時です。

さて、娘のテニスは3時間と長く、夕食の時間が遅くなってしまうので、補食が必要となってきます。甘過ぎのお菓子や油っこいものは厳禁。
今日の行く前の間食は、マクロビレシピのスコーンに、てんさい糖で炊いた粒あんを添えて。でも、飲み物は牛乳(笑)。娘は餃子だろうとすき焼きだろうと飲み物はいつも牛乳(ちょっと気持ち悪い)、これだけはやめられないでしょう。。

持っていく補食(終わってすぐ食べるもの)は、スポーツキッズの定番のシャケお握りにしようとしたら、(鮭に豊富なBCAAは体力回復効果あり。玄米にもBCAAは豊富なので玄米シャケお握りはよく作ります)
「お母さん、こないだ本で見た、味噌焼きおにぎりにして!」と。
マクロビ創始者の桜沢さんのレシピの、味噌を純正の国産胡麻油で炒って、焼きおにぎりにするというもの。
母から送られてきた小豆島の味噌と八丁味噌を合わせて胡麻油で炒め、玄米お握りに塗り付けて香ばしく焼く。
美味しそう〜❤️と、大事そうにリュックに入れて持って行きました。
娘のテニスがきっかけで、栄養と調理について改めて深く考えるようになり、
料理の面白さを実感している今日この頃でございます。

それにしても…フェデラーも錦織も、凄すぎて凄すぎて、もう、見てるだけで体力消耗… 私もシャケお握り…
d0171214_20432972.jpg









[PR]

# by kondouyoogashi | 2017-01-22 20:44 | 日々雑記 | Comments(2)

タルト・ショコラ・ブラン

d0171214_17532995.jpg
タルト生地と生クリームが余っていたので、思い付きで作ってみました。

タルト・バニーユ、大好きなんですけど、美味しいんですけど、最後まで食べると少々ツラいまーったりとした甘さが気になってました。

で、店で定番だったタルトショコラ・フォユティーヌのホワイトバージョンアレンジで、ガナッシュにバニラビーンズをたっぷり加え、フォユティーヌ部分に自家製ドライパイナップルを入れてみました。

ウマい… 店やってた時作れば良かった…

バニラとパイナップルは最強タッグですねー。

新たにケーキを作る時の考え方は色々、
何処かで食べた物を自分なりにアレンジとか、店なら商品構成のバランスから考えるとか、なんらかのテーマやその時期のイメージを形にしてみる、旬の素材や新素材を使ってみようとするとか。
パティシエならいつ何処で何をしていようと、常に頭にそういう事があるもので、普段からそうしていると、ポンポンとイメージや組み合わせのアイディアは浮かびます。
それを納得いく味と形にしていくにはそれなりに時間がかかりますが。

私、「使わなきゃいけない」「余っている」素材を使って今ある限られた材料だけで作ることが結構好きでして。
それで今日みたいにどんぴしゃりに行くと気持ちいいんですよね〜。
これって、ビンボー生活の心に似てる(笑)。

次はドライパイナップルが余ってしまったので、これ使ってグラノーラ作ろうかな。

そんな感じで、結果延々と作り続けるのです。。。









[PR]

# by kondouyoogashi | 2017-01-19 17:54 | ケーキ | Comments(0)

母になる。

今日、もとスタッフからご出産の連絡がありました!
閉店の少し前、はち切れそうなお腹を抱えて顔を出してくれた
最高に笑顔の可愛かった彼女は、昨日、母となりました。

本当におめでとう!

近藤洋菓子店のスタッフは、全員女性でした。

お付き合いから結婚、出産…という女の人生のビックウェーブを、何度も見届けてきました。

ハッピーなだけではない、悩み、苦しむ姿も見てきました。

でもみんな、いざ母となると、なんと言いますか… 装備を変えます(笑)。
単三の乾電池から、ハイパワーエンジンに。

(それこそが理想的な姿なんですよ、世の男子達!)

そしてスタッフ達だけでなく、近藤洋菓子店営業時の10年の間には、
たくさんのお客様達のご結婚、ご出産、お子様方のご成長、お二人目…などなどを、ずっと見届けさせていただきました。それがとても幸せでした。
引き出物、内祝いも、作らせて頂き、ありがたくも御祝いのお手伝いをさせて頂きました。

そして私は、母となったそんな女性たちの新たなエネルギーに満ちたオーラを、目を、
本当に美しいと思ったものでした。

MIZUKIちゃん、貴女はこれからもっともっと綺麗になります!
母となった自分の人生を、思い切り楽しんでくださいね。








[PR]

# by kondouyoogashi | 2017-01-19 11:44 | Comments(0)

尊敬するシェフ・パティシエ

d0171214_19163285.jpg
私には、腹の底から大好きなケーキ店が三軒あります。
言い換えると物凄く尊敬する日本人シェフが3人いるという事です。
3人共、ケーキのタイプは全く違うと思っております。
写真はそのうちのお一人、安食雄二シェフの本です。

たまプラのデフェール時代からの大ファンで、その時は足繁く通っていました。
その後退任され、私の店が出来て3年経った時に独立開業されました。
(私があと10歳若ければタダでいいから働かせて下さいと頭下げに行ったことでしょう。ケーキ屋の厨房で本気で働くことは、家事子育てと両立出来るほど甘くはないです。)
ショックだったのは、定休日が水曜日、一緒だった事… 全然行けなかった…

以前夏期休業時にやっと行けて爆買い?した中で、余りの美味しさに落ち込んでしまったのがこのケーキ、フレジェ。

クラシカルなフランス菓子のフレジェ、私も自分の店らしい、フレッシュ感と素材感が強く胃に重くないレシピを考えて作っていました。
でもこれを食べた時、「ああ、私にはこれを生み出すことは出来ないな」と、ショックを受けるほど、本当に美味しかったんです。

そのレシピが載っている…それだけで、宝の地図を手に入れたような、魔法の扉を開く呪文を教えられたような、ハイテンション。

仮にも店やってた人間が他所の店をそんなに崇めてどーすんのと思われるかもしれませんが、その手のプライドはさて置くことが出来るのは女性の利点だと思っておりますゆえご理解下さい(笑)。

尊敬する対象があるということは、伸びしろが保証されているということですしね。

そしてまた、マクロビに関心あるとか言ってる奴が、こんなバターも卵も白砂糖もたっぷりのお菓子を大好きなんて言っていいのかと思われるかも知れませんが。

ケーキという食べ物は、美味しいことが条件なんです。
身体を満たすためでなく、心を満たすための食べ物ですから。
美味しいケーキを、幸せそうに大事そうに食べる姿は、老若男女問わずとても愛らしいものです。(貪り食うのはタブーですよ〜)その姿こそが、食べられてるケーキ君がいい仕事をしている証拠です。だからケーキの本分を全うしているケーキに出会った時は、最大級の賛辞を送りたいんです。

そして私がマクロビに関心がある理由は、自分の砂糖過剰摂取による心身のバランスを崩した経験や子育てや、知人や親の病気なども勿論ありますが、
実は一番は普通のケーキとは全く違う素材と作り方に興味津々だからなんです、面白いんです。

多くのスポーツ選手は、白いお砂糖や精製漂白された穀類を制限しています。
それにあやかって、娘に食べさせるお菓子はなるべくマクロビレシピにして、楽しく作り方を研究しようと思っております。

でもたま〜には、尊敬するシェフのお店に、感動的に美味しいケーキを娘と2人でイベントとして買いに行きたいなと思います。












[PR]

# by kondouyoogashi | 2017-01-17 19:17 | ケーキ | Comments(0)

この本、スゴイわ。

先日、主人の仕事のお客様の奥様が、
私がマクロビに興味があるとお聞きになって私にと数冊の本をお貸しくださいました。
この二冊は、その方がご出産後にかなり読み込んだものだそうです。
(右の本のように読み込んだ跡のある本の持主には自然と共感を感じます。)

ここに書かれている食事療法、自然療法は、勿論実践しなければ効果は出ないのでしょうが、
まだ全て読んではないですが、読み進めていくうち、心が解毒されていく気が致します。

この二冊の本は、何れも戦前生まれの著者の、50年〜30年以上前の古い本です。
批判回避の意向が感じられない、ストレートな情熱が伝わってくる内容です。

マクロビ、菌活、グルテンフリー等等、お洒落美人や著名人から度々発信され流行する食事療法の創始者は、強烈にエネルギッシュな不屈の開拓者だったのだと知りました。

そして鮮烈な言葉の数々。
ー 人間は草の葉と実と根のオバケだ。君はゴボーや人参やイモのオバケだ。
人間よ!君の恋人は草のオバケだ!君の最愛の人は日光と水と空気と描き出すマボロシさ!
草は身を殺して人間や鳥ケモノとなり大地は身を殺して草木となり、日光は身を殺して草や人間や動物を生み、育て、行動させ、考えるさせる。ー

化学調味料や人工甘味料、精製、漂白され過ぎた食べ物達のオバケはオバケなのに不健康、早死するってことか。太陽、長生きだもんなぁ。

ー人間は一生をブチ込んで何を作るのか?何になるのか?金か?名誉か?女か?権力か?
人間が一生をブチ込んで創り出すのは
無限の自由だ
永遠の愛と幸福だ
絶対の正義だー

ー 人生の目的はスキナことをタンノーするほどやり抜き、スバラシイ、オモシロイ、ユカイナユカイナ一生をおくり、しかもスベテノ人々に永くよろこばれ、カンシャされることである!
これはツマリ私の『幸福』の定義です。 ー

そう、この言葉通り、この著者たちは、食事療法の研究と啓発活動をやり抜き、一生をブチ込み、今も世界中の多くの人々を救い続けているのです。

書かれている食事は質素で、素朴で、でもきっと身体に沁み入るであろう引き継ぐべき大切な料理達。
自然療法は、お金のかからない、誰もができる方法。

ただし、時短は難しいものも多いです。

「土鍋で梅干しを4〜5時間焼く」

やってみたいが…

「首だけ出して砂浴2時間」

(樹の下で砂浴したら体から悪いガスが放出され(砂浴は解毒、つまりデトックス方法です)、その樹の実が全部落ちたとか。)

かなり、やってみたいが…

面白いのでもっと読み込んでまた後日
d0171214_14264996.jpg
書かせて頂きます。
[PR]

# by kondouyoogashi | 2017-01-13 14:26 | 日々雑記 | Comments(0)
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line