<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


-Trick or treat!

d0171214_1236619.jpg


ハロウィン仕様のてんさいロール出てます~。
カボチャペースト入りクリームをロール。
飾ってあるオバケクッキーもカボチャペースト入り。

ごく自然なカボチャの風味で、ほっこり温かみのあるお味です。

このクッキーもカボチャ入り。クッキーは卵不使用です。
カボチャオバケと写真のオバケクッキーのセットでクッキーだけでも販売中です。



iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2013-10-28 12:36 | ケーキ | Comments(0)

-本日のオーダー

d0171214_19545844.jpg

甘酸っぱく、ちょっと大人なケーキを、というオーダー。

三種類のベリーとミルクチョコレートのムースと
ふっくら、しっとり、なビスキュイ・ダマンド・ショコラを合わせました。

構成はシンプル、でも材料多し。




iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2013-10-26 19:54 | ケーキ | Comments(0)

パティシエを目指す女の子達へ (長文注意)

今日は首都圏は台風厳戒態勢とのこと。
こんな日は店は静かです(泣)
まあ、こんな日もありますね。

今日は、ちょっと上から目線で、以前から、パティシエを目指す女の子達に言いたいわ!
と思っていたことを綴らせて頂きます。

製菓学校に通う女の子、今ハタチ前後ですよね、将来は独立開業を目指してますか?
はい、と答えた方、もし二十代後半で同業者でない彼との結婚が見えてきたら、彼や彼のご両親を、独立開業したいと説得出来ますか?それとも、結婚も出産もしなくてもいいわ!、という位の勢いで、開業への道を突っ走る自信がありますか?たくさんの 同級生達が結婚や出産をして、幸せそうにしているのをみても、大丈夫でしょうか?

いいえ、と答えた方で、独立開業以外の明確なビジョンが現時点で無いという方は、とにかく大好きなケーキ作りという仕事で、自分一人どうにか食べていけるようになりたい、ということでしょうか。
パティシエを目指した女性で、数年でその道を諦める人が大多数なのはご存知ですよね。
給料や労働時間など、決して良くはない労働条件に、やってみて初めて思い知らされた過酷さが原因でしょう。限られた人数の、閉ざされた職場環境で、合わない人がいるとそれも理由となります。体を壊したりストレス障害で辞めた友人はいくらでもいます。勿論、楽で給料の良い仕事などこの世にありませんが、明確な計画もビジョンがあっても難しいのに、それも無くモチベーションを保つ自信がありますか?

特に個人店の経営者にとって、一人雇うことは大変なこと。誰もが命懸けで経営しているのですから。
先輩やシェフにとって、新人を教えるのも大変。自分の作業の手を止めて教えながらも時間内に仕事を終わらせなければならないし、新人のミスのフォローもある。教えては短期間で辞められ、の繰り返しもよくある話。

じゃあ何よ、甘く見るなって言いたいわけ?そんな事耳タコよ!と聞こえてくるような。

いえ、違います。特に女性には、ケーキ作りへの情熱をどうか捨てるな、と言いたいのです。

私は母親。子を持つことは本当に本当に幸せです。結婚も、大変な事もありますが自分を成長させてくれたと後悔はしていません。
ですから結婚、出産は、チャンスが巡ってきたなら、斬り捨てないでほしい。
それは代償に何かを諦める事ではなく、知らなかった新たな引出しが増えることと前向きに考えてほしい。
とても大変ですが、私のように子育てと両立しながら出来る範囲で小さな店をやる女性はいます。週ニ、三日だけオープンしたり、自宅でケーキ教室を開いたり、ネットショップを開いたり。
今の時代、本当に様々なやり方があるのです。でもそれもケーキへの執着や、それまでいかに貪欲に仕事に取り組んできたかがものを言うのです。趣味に毛が生えた程度ではどんなやり方でもお客様は付きませんから。
辛くて憧れだった店を辞めてしまったとしても、販売や計量ばかりでなかなか作れなかったとしても、学ぼうとする心は止めない。先輩やシェフの作業を目を凝らして観察する、ラッピングのスピードを上げる、お客様にファンになってもらえるほどの販売員になってみせる。辞めた店ほどケーキそのものに魅力を感じない二件目の職場の、良さを見つける。全て自分の肥やしに出来ます、自分次第で。

ちなみ結婚せず独立開業してる女性シェフ、少ないですがいらっしゃいます。
めっちゃカッコいいです。
そして鉄の女ってオーラ出してます。並外れた自己主張の持ち主です。
並外れた技術者、とは限りません。

自分はそんなにはなれない、と何となく分かる人にも、何らかの形で、ケーキの仕事を自分で出来るんだと知ってほしい。
(男性でシェフという方のほとんどは、奥様他ご家族にしっかりと支えてもらっています。手料理、掃除された部屋、洗濯物も畳んである、子持ちなら子育ては奥様と保育園、幼稚園が担当。死ぬ程働いて帰ったらメシ食って寝るだけ、もOK。女性で結婚してましてや子供もいたらそうはいきません。正直、思いっきり仕事頑張ってればそれでいい既婚男性はいいよね、と思う時あります。。。)

もしこの道をやめても、ダメになったりせず、逃げや妥協でない前向きな仕事の転向や結婚をしてください。

女性は男性より柔軟で、臨機応変が得意です。それを武器に、楽しく生きてください。
[PR]

by kondouyoogashi | 2013-10-15 22:14 | 日々雑記 | Comments(0)

浅草にて-

d0171214_1721495.jpg


先月、私事ですが自分の誕生日でして、
区切りとなる歳でもあったので、
ちょっと良い所に家族でお食事に行ってまいりました。

場所は浅草、フレンチレストラン『オマージュ』。
お友達の経堂『リゴレッティーノ』のマダムお勧めだったこともあり、
ずずずーっと前から行きたかったのですが、
なんせ子持ちなのでテーブルに白いクロスの掛けてあるお店はご無沙汰でして。
独り身の頃はお小遣いをつぎ込んでレストラン食べ歩きしまくっておりましたが…。

調べてみると、きちんとしたお店なのに子連れも優しい、とのことだったので、
思い切って行ってきました。娘も一年生になったしデビューってことで?

お料理は最初から最後まで、絶対に素人なんぞには真似の出来ない趣向と技を感じさせる内容で
(これ、私の外食選びのポイント)大満足!もちろんとっても美味しかったです♩

どのお料理も器も盛り方もステキで写真撮りたかったのですが、
あまりパシャパシャやるのもお店に迷惑なので控えてましたが、
この可愛過ぎるプティフールだけは我慢出来ず撮っちゃいました。

これ、焼きたてアツアツのフィナンシェなんです!
浅草にちなんで、人形焼きの型で焼いて、型そのままテーブルに!
これにはテンション上がりましたね~
お味もしっかりした焼き加減が私好みでバッチリでした。

話はそれますが、私、お子様ランチが大キライ。
子供が食べ切れる量が一皿に盛られている点はいいのですが、
内容が大抵は残念なものばかり…。
なので娘にも、激辛もの以外は子供向けアレンジをお願いすることはありません。
たとえ初めて口にするものが出て来て苦手そうでも、
こんな食べ物があるんだという体験だと思っています。

娘もこれ美味しい、これ苦手、と言いながらも、
終始食事を楽しんでいたようにおもいます。

お母さんにもう少し時間が出来たら、一緒に色んなとこ食べ歩きしようね♡


iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2013-10-13 17:21 | 日々雑記
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line