<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


リンツァートルテ-

d0171214_17265392.jpg


ヨーロッパ伝統菓子シリーズ第二弾です!
名前は『リンツァートルテ』。ウィーンのお菓子です。
直訳すると、リンツ風ケーキ。
ウィーンとかドイツのお菓子の名前って、「そのまんまじゃん!!!」と
突っ込みたくなる、何のヒネリもないものが多いんです。
説明的でやけに長いネーミングだったり。
対するフランス菓子は訳すると「愛の泉」「貧乏人」「金持ち」「尼さんのオナラ」
などなど、ユーモアや悪ふざけやロマンチックが込められた、名前じゃ何だか分からない
ネーミングが多いのが特徴。
和菓子はとにかく季節や自然界、縁起にまつわる名前ですよね、
こちらも名前じゃどんなお菓子かは分からない。
それぞれのお国柄、面白いです。

さて話はリンツァートルテにもどり、こちらがどんなお菓子かと言いますと、
スパイスや刻んだナッツ類、ケーキくず(ドイツ、ウィーンのお菓子にはスポンジなどの切れ端を細かくした物が材料に入るケーキが多いのも特徴。無駄は出さない、これもお国柄でしょうか)
がたっぷり入ったリッチで味わい深い生地の間に、赤スグリのジャムをサンドして焼き上げたお菓子。
このジャムの酸味とスパイスの組み合わせ、超・超・良いんです!

この企画を提案したスタッフMさんが、このシリーズの製作担当なのですが、
彼女も私同様、このハーモニーを愛しているようで、
早く作りたかったようです。

因みにザッハトルテで有名な『デメル』では、この店ならではのリンツァートルテがあり、
名前を『ブルクテアター・(ブルック劇場)リンツァートルテ』と言い、
ザッハトルテのケーキくずや刻んだチョコレートが入った、
この店らしい更にリッチな配合となっています。

当店のは、オリジナルに近いタイプ。
地味で素朴なお菓子ですが、涼しい秋にしみじみ美味しいお味です。
チェックしてみて下さい!


iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-30 17:26 | ケーキ | Comments(0)

秋のケーキ、続々-

d0171214_13425590.jpg



本日より 栗山、タルト・ポワール・キャラメリゼが登場。

今週半ばからTCフォユティーヌも始めました。

去年は天候等による不作等の関係でなかなか作れなかったフランス風アップルパイも、
今年は例年通りお出し出来そうです。

明日明後日の天気が心配ですが…
台風よ、どうか林檎の実を落とさないで下さい…
iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-29 13:42 | ケーキ | Comments(0)

-ことこと渋皮煮

d0171214_19443170.jpg


本日、この秋初の渋皮煮作り。
予定通り、栗山を週末から作れそうです。

鬼皮剥き、アク抜き、筋取り。
そののち
コトコトコトコト
静かに煮ては砂糖の一部を加えて火を止め冷まし…
を数回繰り返す。

時間のかかる、面倒な作業。
でもみんな、やり始めると無心になると口を揃えて言う。

昔、デザイナーの友人に、
「気に入ってるらしいけど使いづらい物を使いづらそうに使ってるのがよく似合う」
と、意味深なような訳のわからないようなことを言われたことがありますが。

あー、めんどくさいな〜と言いながら渋皮煮を作ることは、嫌いじゃないです。

iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-27 19:44 | ケーキ | Comments(0)

田園都市生活-

d0171214_13532124.jpg


本日発売の雑誌『田園都市生活』の、
秋のスイーツ特集ページに、当店のケーキが掲載されています!

掲載されたのは洋梨とマロンのムース『ポワール・マロン』と
『無花果とカシスのタルト』。

書店にお立ち寄りの際に、ちらっとご覧になって頂けると嬉しいです!
iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-25 13:53 | お知らせ | Comments(0)

秋ですよ!-

d0171214_1428517.jpg


夜は、虫の音が聞こえて涼しく、秋の空気を感じても、
日中は残暑厳しい日々でしたが、ようやく秋らしい気候になるとの予報。

買い出しに出掛けると…

わ~い 紅玉、紅玉!
栗、栗ィ♡

秋です!

ショウケースも秋めいております。
これの前の投稿でも
『栗と無花果のヴェリーヌ』や
『無花果とカシスのタルト』、『スリーズのガトー・バスク』
などなどの写真をのせましたが、
今日の写真は、栗のてんさいロールの中身です。
今日、今年初登場でした!
生栗の皮を来る日も来る日も剥き続ける時期がやってきました。
バニラの鞘と一緒に煮込んでます。
娘は栗のてんさいロールを食べるのを心待ちにしております。
娘よ、お母さんの作るケーキは、お客様のものなのですよ…。


『栗山』は、しばしお待ちを。
まだ渋皮煮に最適な立派な栗に出会わないのです。
来週末位から、かと思います。

栗と無花果のヴェリーヌは、栗山が出る前までのつなぎ、
と思って作りましたが、
個人的に相当気に入ってしまいました。
サワークリームを加えてさっぱり目に仕上げたバニラババロアの上に、
微量の砂糖とレモンだけで味付けした無花果、てんさいロールの生地、
マロンクリームを重ねてあります。
アルコール無し、ごくごく自然な風味が生きてます。
昔食べた、日本料理屋で出してもらったお食後を思い出して作りました。
スタッフにも大好評、栗と無花果の意外な相性を、ぜひお試し頂きたいです。

明日からは、フランス風アップルパイや、焼芋と林檎のタルト、
林檎とシナモンのムース、『イヴ』など紅玉のお菓子も登場。
お楽しみに!



iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-21 14:28 | ケーキ | Comments(0)

-

d0171214_1342096.jpg




iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-13 13:42 | Comments(0)

-

d0171214_18175227.jpg




iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-10 18:17 | Comments(0)

-秋のnew face

d0171214_12313920.jpg


先日、田園都市生活さんから取材のご依頼がありました。
秋のスイーツ特集ページとのことで、こちらのケーキをチョイス。
(9/25発売とのことなので、これが掲載されるかどうかはまだ分かりませんが…)

新顔と言っても、昨年数回出した事のあるケーキの改良バージョンです。

名前は『ポワール・マロン』。
洋梨とマロンのプチ・ガトーです。
何のヒネリも無いネーミングで申し訳ない…分かり易さ重視ってことで。

爽やかな洋梨のバヴァロワとクリーミーなマロンムースという
非常に相性の良い組み合わせです。
淡く優しい味同士なので、
洋梨のオー・ド・ヴィ(蒸留酒)をガツンと効かせ、
ほんのりスパイス類をプラスして大人っぽいキリッと引き締まった味わいを目指しました。

下はマロングラッセ入りのパウンドケーキ、間がチョコレート風味のアーモンド入りの生地。
食欲の秋に相応しい食べ応えも充分です。

って、まだ今日も30度超えですが…


ところで、近藤洋菓子通信vol.3は、お客様から頻繁にご質問を受ける、
スコーンのレシピを掲載しました!!

簡単だけど理想的な焼き上りのためのポイントがあるので、
その辺りを書いてあります。
もし、文章で分かりにくい箇所があれば、ご遠慮無くお聞き下さい。

そして、今後載せて欲しいレシピがあれば、スタッフにお伝え頂けると嬉しいです!
よろしくお願いしま~す。


iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-07 12:31 | ケーキ | Comments(0)

-Mt.Fuji登頂

d0171214_1432392.jpg

画像が横向きになってしまいました。
見づらくて申し訳ありません。

そしてまたまた私事ですが。
この夏何かとイベントの多かった我が娘でしたが、
何と言っても初登山で富士山登頂した事は、
彼女にとって大きな思い出となったようでした。

今年の春の屋久島トレッキングで
彼女の健脚っぷりを確認した主人が、
まさかの富士山登頂を計画。

因みに私は下界に残りお仕事。
標高高いと充電食うと聞いていたため
電話を遠慮するも、心配でそわそわ。
登頂したとの連絡が入った時は
登ってもいない私が感激してしまいました。

愚図ることも全く無く、最後まで元気に楽しく登ったとのこと。
本人も「めっちゃしんどかった~」と言いつつ嬉しそうな笑顔。

私自身は全く登山に興味はありませんでしたが、
(そして今後もトライしない気がしますが)
主人が登山が子供の心の成長に良いと言った意味が
少しだけ分かった気がしました。

当然、頑張る。
でも、自分の身体と冷静に相談して、
決して無茶はしない、慌てない、
全ては目標達成のために。
でも、時には諦める勇気、これも必要。

人生の訓示じゃないですか、これって。
登山していたらグレないって、本当かも。
これからも彼女を登山に連れてってやって下さい、旦那。
私は下界で祈ってますから…

話は突如変わりますが、
先月末からやっと桃のタルトをレギュラー出ししてます。
今年は桃が不作でなかなか作れなかったのですが…。
タルトに使えるベストコンディションの桃が手に入ると、
作る私も嬉しいです。
御来店お待ちしています!


iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-03 14:32 | 日々雑記 | Comments(0)

帰省土産

d0171214_12162832.jpg


先日、数日間のお休みを頂いて帰省し、
昨日から仕事に戻りました。

帰省中の一日は娘を両親に任せて
行ってみたかった所へ1人お出掛けしてしまいます。
心置きなく一人のんびりお買物って、いいですよね~。
子供が小さいとなかなか出来ませんから。

とは言え、店の事が頭から離れることはありません。
店で使えそうな物につい目が行きます。

今回の帰省で買った物は、
写真手前の一角獣と、白い六角形のペーパーウェイト兼カードホルダー。

ペーパーウェイトを店用に買ったのは何故かこれで3つ目。
写真奥の二つもそう。
必要で買ってはただの飾りになっているのですが…。
六角形さんは、神戸海岸通の名店『モンプリュ』さんの場所を教えて頂いた
素敵なshopで購入。
あの界隈は、こだわりの小さなお店が点在していて楽しい。
それにしても、モンプリュさんの繁盛っぷりには感心いたしました…。

一角獣は、紅茶の仕入先のUf-fuさんにてget。
芦屋にあるこのお店、紅茶の味やコンセプトもさることながら、
初来店のサロンも予想通りの私好み。

クラフト感、繊細さ、クールな垢抜け感、そしてシンプル。

私が好きなイメージは、この全ての要素を持つものなのですが、
Uf-fuさんのお店はまさにそんな空間でした。
レモングラスとジンジャーのお茶、ジャスミンティーのブランマンジェをオーダー。
どちらもナチュラルかつ香り豊かで本当に美味しかったです。
落ち着いてお茶したくて、普通の客のふりして長居。
支払いの時に、初めましてお世話様ですと挨拶したら
「早く言って下さいよ~」とオーナーさん。
すいませんでした、観察目的ではなかったのですが(笑)。

一角獣、かわいいでしょ?
こうやって、どんどん物が増えていくんですよね。


iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-09-02 12:16 | 日々雑記 | Comments(0)
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line