カテゴリ:未分類( 85 )


人は何のために食べるのか

店を閉め、仕事を休み始めてから
ビーガン、マクロビ、スポーツ栄養、そういった食の形態について時間が空くと調べています。
特殊な調理方法、各栄養素の体への関わり。
そもそもがオタク気質で好きな分野だから、学ぶだけならただ単に楽しい。
しかし店だろうと身内だろうと自分だろうと、材料用意して作って食べたり食べさせたり売ったりするという事は、人体形成プロジェクトに参加するということで、
ただ知識欲を満たして楽しむだけという訳にはいきません。

人は食事に何を求めているのか。

ごく単純。

食べて美味しく、元気で快適。
万人の理想。

私も私の家族も、食物アレルギーはありません。
だからきっとアレルギー体質の人の気持ちを真に理解はしてません。
糖尿でも癌でもありません。
そういった体質や病を持つ人達は、それをひたすらに恨みつつ生きているわけではもちろん無く、
その体、その病と共に生きていくというスタンス、
つまり日々自分の体の声に真摯に耳を傾けながら生き、食べているということだと思います。
そう考えると、アレルギーや病気を持つ人の方が、病気になったことのない人よりよほど食物との関わり方を大事にしていると思えます。
(現代の飽食ニッポンに於いて自分の体が必要としているものもわからない鈍感な体がどれ程多い事か!)

だからこそ、そういう人達にも平等に「食べる楽しさ」を存分に満喫して欲しいと願ってしまいます。

店を営業していた時、あるお客様に卵アレルギーのお嬢様のお誕生日に卵不使用のサブレ生地を土台にしたケーキを何度かお作りさせて頂いていました。
しかし話を伺うと、どうやらそのお嬢様は生地は口にせず上のクリームと果物だけを召し上がっているようでした。
あくまで想像ですが誕生日以外でも何度もお買い上げ頂いていた事を考えるとそれは恐らく私を信用していないというよりそういった焼いた生地に関わる過去の経験、記憶、イメージが関係していたのだと思います。
もしかしたらクッキー系のお菓子が美味しいものという認識が無いのかも知れません。
土台はいつもご両親が美味しく召し上がって下さっていると伺っていましたが、
例えばクリームだけを容器に流し込んだりして生地を使わないで作った方が本当はお嬢様は嬉しいのかなと悩みました。
でも元々サブレ生地ありきで作ったケーキ、お客様からのご要望がない限りは本来の完成度のままお渡しすることにしていました。いつかクリームと生地を一緒に食べてほしいな…との1ミリの期待を添えつつ。

前にも書きましたが、お菓子とは、美味しくなければならないという条件があると私は思っております。
毎日の食事は舌の快楽が目的ではありませんが、お菓子はそうだということです。

もちろん、美味しさには色々な種類があると思います。
一口食べて「こ、これは‼️‼️」的な、美味しんぼの一コマ的な、衝撃的な希少の美味しさ。
インパクトはないけど毎日食べても飽きない美味しさ。
一口目は?だけど、食べ進めていくと滋味深く止まらなくなる美味しさ。
母の味など、幼い頃慣れ親しんだ懐かしい記憶の味。

そんな色んな美味しさがあるとしても、例えば
「まあ、思ってたよりはイケるけど、やっぱ卵やバター使った方が美味しいよね」
「野菜のケーキねえ。面白かったけど、リピはないな」
などという感想、やっぱり作り手としては残念以外の何物でもない。

調理職の人間が他より長けていなければならない部分は、段取りの良さや手早さや手先の器用さ(もちろんこれらはとても大事な要素なのですがー)以上に、これが美味しいか美味しくないかの判別、具体的にどこをどうしたらもっと美味しくなるか、その方法を知っていることだと思います。

なんらかの理由で食習慣を変えた人、変えざるを得なくなった人、そんな人たちが、
美味しさを期待するルックスのケーキを作り、
そしてその期待に応えられる、もしくはいい意味で裏切る、
(つまり「想像と違ったけどこれはこれでめっちゃ美味しい」と言ってもらえること)
そして私自身がOK出せるケーキを作ること、それが今の私の課題です。
それが出来るようになったらまた作る仕事を自分で始めたいなと
夢を描いております。

でもなかなか試作の時間があみ出せない💦
まだまだ段取り上手の上級主婦には程遠く…
修行が足りない私です。













[PR]

by kondouyoogashi | 2017-02-19 18:14 | Comments(0)

負けず嫌い

今、先日本をお貸し頂いた方へのお礼用にチョコレートのグラノーラを製作中。
可能な限りヘルシーに。大人に。スペシャルに。
と拘ってみてわかった、店でグラノーラ売らなくて正解だったかも。
完璧に自分好みで作ったら原価高すぎて、売れない値段になっちゃう(笑)。

さて。
以前、テニスのコーチに見せて頂いたテニス雑誌のコラムで、
「負けず嫌いは、完全に遺伝性、DNAにより決定するもので、なろう、ならせようとしてそうなるものでは無い。片親が負けず嫌いでももう片方がそうでなければ、50%の負けず嫌いにしかならない。」
「遺伝子的に、負けず嫌い同士が結婚する確率は非常に低い」
「負けず嫌いでない子は確実にスポーツで大成することはない」
と書いてあった。

そーーーーなんですかあ⁉️

これを書いた方はアメリカの名門テニススクールのジュニアトレーニングコーチ、日本のプロのサポートもされている日本人男性コーチ。

現代的トレーニングが進んでいるアメリカで、沢山の世界中のジュニアをコーチングされた経験と実績、統計学、遺伝子学、心理学、などなどからのアプローチでの内容だとは理解しつつ。。。
もしかしたらトップアスリートの二世は親以上には結果出せない確率が高いことが統計上証明されている、
のかもしれないが。

以前店で働いていたスタッフで、インハイ、インカレ出場経験あり、日体大出身で幼稚園の先生だった女性に、スポーツで伸びる子ってどんな子ですかと聞いたら、
彼女からもやはり「やっぱり何より負けず嫌いな事でしょうね」
との返事。

気になる。
娘はどうなんだ?負けず嫌いグループに入るのか?
性格が自由過ぎて分かり辛いぞ。
私は?
主人は?
何より、判定基準は?

娘に聞く。
「ねえ、自分は負けず嫌いだと思う?」
「ん〜、よくわかんない。誰だって負けるのきらいでしょ?」
「まあ、そうだよね… じゃ、自分より負けず嫌いだと思うお友達って誰?」
「◯◯◯ちゃん。」
…。確かにその子には負ける気がする。ご両親も、大変に知的で人当たりの良い方ですが、かなり負けず嫌いの片鱗がそこここに感じられるとは以前から思っていたし。
でもすごいおしどり夫婦って感じだぞ、遺伝子的に稀なケースってことか⁉️
例外はあるなんて言っちゃったら何もスッキリしないじゃない!
「…その子だけ?」
「うん。」

ううー、わからん。

主人に聞く。
「ねえ、貴方って自分で負けず嫌いだとおもう?(私はそうだと思っている)」
「いやー、そうでもないと思う。」
「ええ⁈そうなの?」
その後過去のことなどについて2、3分会話した後、
「俺、いまの会話で、俺はお前より20倍は負けず嫌いだって判ったわ。」と主人。
「…あのさあ…目の前にいる人に対し面と向かって自分の方が20倍も負けず嫌いだって口に出す時点で、貴方は負けず嫌いの範疇に入るんじゃないんでしょうか…」
「あ、そう?(嬉しそう)」

ううー、私はどうなんだろう。
自分では本当によくわからないので、
ネットで「負けず嫌い度チェックテスト」なるものがあったのでやってみた結果。
「あなたは少々変わり者なようですね。人とは違う部分で負けず嫌いなようです。例えばゴミ箱にこの紙屑一発で入れられたら勝ち、とか、日々何か自分の定めた勝負場で戦っています。なんであれ日々そうして積み上げた勝利があなたの自信と研鑽に繋がってはいるようです」
…心当たりはかなりあるが、どう捉えていいのやら、全く以って釈然としない。

そもそも遺伝てどういうことだ、じゃあ世の一流スポーツ選手たちの両親はみなごく例外的出会い、若しくはなんだったら離婚しちゃうくらいの犬猿夫婦の子供だって事なのか、負けず嫌いDNAが薄まってまた濃くなって行く過程はどういうことだ、奇跡に近いじゃないか、いや、だからこそプロスポーツ選手にれる選手は一握りだけってことか…

娘はテニス頑張ってるんだから、将来自分の子供に自慢出来る結果の一つや二つ出して欲しいじゃないですか、そのくらい願っちゃうのが親ってもんじゃないですか、親バカバカ親かもしれないですけど。

そんな事ゴチャゴチャ悩む私に娘は一向に介する事なくあいも変わらぬマイペースで、しんどがること嫌がること皆無で日々楽しく元気に練習に取り組んでいるのであります。

時間の無駄でしょうか。決して暇ではないのですが。
あ、グラノーラ焼けました。
簡単で絶対美味しいから是非皆様も作ってみてくださいね♪

ではでは。





























[PR]

by kondouyoogashi | 2017-02-08 14:35 | Comments(0)

母になる。

今日、もとスタッフからご出産の連絡がありました!
閉店の少し前、はち切れそうなお腹を抱えて顔を出してくれた
最高に笑顔の可愛かった彼女は、昨日、母となりました。

本当におめでとう!

近藤洋菓子店のスタッフは、全員女性でした。

お付き合いから結婚、出産…という女の人生のビックウェーブを、何度も見届けてきました。

ハッピーなだけではない、悩み、苦しむ姿も見てきました。

でもみんな、いざ母となると、なんと言いますか… 装備を変えます(笑)。
単三の乾電池から、ハイパワーエンジンに。

(それこそが理想的な姿なんですよ、世の男子達!)

そしてスタッフ達だけでなく、近藤洋菓子店営業時の10年の間には、
たくさんのお客様達のご結婚、ご出産、お子様方のご成長、お二人目…などなどを、ずっと見届けさせていただきました。それがとても幸せでした。
引き出物、内祝いも、作らせて頂き、ありがたくも御祝いのお手伝いをさせて頂きました。

そして私は、母となったそんな女性たちの新たなエネルギーに満ちたオーラを、目を、
本当に美しいと思ったものでした。

MIZUKIちゃん、貴女はこれからもっともっと綺麗になります!
母となった自分の人生を、思い切り楽しんでくださいね。








[PR]

by kondouyoogashi | 2017-01-19 11:44 | Comments(0)

-

d0171214_15144317.jpg




iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2014-05-11 15:14 | Comments(0)

-

d0171214_1338208.jpg




iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2014-05-11 13:38 | Comments(0)

-

d0171214_176237.jpg




iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2014-04-11 17:06 | Comments(0)

-Happy 8th birthday!

d0171214_0144569.jpg

今日は娘の誕生日。
閉店後、二子玉でディナー。
事前にお願いしていたbirthdayプレートに、ニコニコの姫。

早いようなやっとのような八年。
子供が二、三歳くらいまで、たくさんのママ達が「今が1番可愛い時ね~」という言葉を掛けられた
かと思います。例に漏れず私も。
でも、ずーっとMAXで可愛いんですが。確かに抱っこはツラくなりましたが。

いつでもヤル気満々。
帰宅時自転車の後ろに乗せようとすると、「走りたい!もっと運動神経良くなって、◯◯(スポーツ万能らしい男の子)抜かす!」母、自転車で伴走の毎日。
一人で何処かへ行く時もダッシュで飛び出し、小さくなった後ろ姿はなぜか拳を天に挙げている。。
家ではバレエベースの奇妙なダンスを踊り続けること30分。

いつも笑わせてくれてありがとう。
あなたの有り余るパワーのおこぼれをいつも頂戴しております。

ずーっとずっとこれからも、大好きだよ。




iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2014-04-06 00:14 | Comments(0)

本日営業中です。-

d0171214_1644880.jpg


今月から木曜営業再開しました。

春色が強まってくると共にショウケースは少しづつ変化しております。
苺のムース・バルサミコ風味、ルバーブと苺のタルトが今の時期の定番として加わりました。

昨日は娘と二人で、二カ領用水の枝垂れ桜を見に行きました。
近場でこんなに綺麗な桜が見られるのは嬉しい限り。
満開だったから今日のこの雨でたくさん散ってしまったでしょうね…



iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2014-04-03 16:04 | Comments(0)

今週水曜日より夏季休業です-

d0171214_1554034.jpg


明後日8/7(水)から8/21(水)の間、夏季休業とさせていただきます。
休み前日の明日は、生菓子、焼き菓子共に、夕方よりsaleを始めます!
焼き菓子セットをご所望の方はお早めに!

さてさて、夏の手土産にオススメの焼き菓子をご紹介します。
こちらの『レモンケーキ』は、数年前、夏でも美味しい焼き菓子をと考案したもの。
時々不定期で出しているのですが、出すとすぐ売れてしまい、
そして必ずと言って良いほどリピートされる商品です。
(今ならあります!)
冷蔵庫に入っているのは、表面のレモンホワイトチョコが溶けてしまわないようにするためですが、
冷蔵庫内で一週間は日持ち致します。

みっちりした生地なので、薄めにスライスして、五分ほど常温に出してから頂くのがお勧め。
冷たいままが好きというお客様もいらっしゃいましたが。

かしこまらない、ちょっとしたお持たせにちょうどいいですよ!


iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2013-08-05 15:05 | Comments(0)

儚い花-

d0171214_11412742.jpg


店のオープンの時に友人から頂いた鉢植え。
何という植物なのか知らぬまま六年間共に過ごしております。

三年目位の夏から、花を咲かせるようになりました。

開花は夏のみ、蕾をつけるのは毎年3,4個程度。
しかも咲いたら5,6時間でポトリと花の付け根から落ちてしまうんです。

蕾を確認して店を閉め、翌朝来ると、すでに咲いて落ちた後、ということも多く。

なので枝の先に咲いているのをみつけると、スタッフ全員「貴重だね~」と観賞し、
落ちた花は水にうかべ、しばらく楽しみます。

この子をとても大事に思っているのですが

・・・・どなたかこの子の名前を教えて下さい。

iPadから送信
[PR]

by kondouyoogashi | 2013-07-23 11:41 | Comments(0)
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line