続・人は何で食べるのか

昨日、アースデイ東京2017に行ってまいりました。
雨天開けの快晴も背中を押したのか、物凄い盛況っぷりでした。
そこで友人と落ち合ったときの会話。
「スーパー行くと、買い物カゴの中が安い菓子パンやレトルト食品や◯◯のもとや揚げ物のお惣菜とかばかりの人っていますよね。食をそれ程意識してないのか、材料から揃えて作るより安く済むからってのもあるんでしょうかね」
「んー、そうかもね。でも、そういう人でも必ずスマホは持ってるんだよね。」
「ですね。価値観、優先順位が違うってことでしょうね。」
そう、人の価値観はバラバラ。
限りある大事なお金をどう使うかは人それぞれ。

お金持ち皆んなが食通ではないし、
(実際私の幼馴染みで、裕福でしたがパリ旅行でマクドナルドばかり行ってた人が。)
お金持ちじゃないけど車道楽の人もいる。
人は自然と価値観の会う人同士で集まり、
時には心の中で価値観の合わない人を小バカにしたりもするのです。
「ダサいのはカンベン」
「ファッションにやたらお金かけるのってわからない」
「高そうな時計ばかりして、いやらしい」
「ナチュラル好きな女って好きな食べ物は豆とか言うよね」
「自然派って言うか狂信的?」
「エステなんて、行かなくていーじゃん、そのままで」
価値観の押し付け合いは間違っています。
その人が所属する又は頻繁に関わりあう社会において、疎外感が無ければそれでいい。

それでも、どんな価値観の人でもおそらく共通してる気持ちがあると思います。
それは、大事な人が、幸せで元気でいて欲しいという気持ち。

これの連鎖に次ぐ連鎖を考えると、
やっぱり人間の体の元である食べ物については、無関心ではいけないんじゃないかな…
と思ってしまいます。

前述の気持ちに、
「自分はどうなっても良いから」が付く人も少なくないと思います。
でもそんな「自分」を心配する人が必ずいる。

「俺は好きなもんだけ食って死にたい」と言ったとしても、
もしかしたらその人の人生(もしくは健康年齢)は、食生活のために予定よりはるかに短くなってしまうかもしれない。こんなはずじゃなかった、と思うかも知れない。

昨日、会場の代々木公園から表参道まで歩いてみました。
そこはエコもサスティナブルも関係ない、何もかもが溢れかえり、何でも手に入る街。

食について言うと、この国はその娯楽性を200%享受出来るがために、
娯楽性、快楽面ばかりに気を取られてしまいがちです。
でも動物はただ快楽のためにものを食べるのではありません。
いや、、、違うかも。
人だってきっと、そもそもは生きるためにその時身体が必要とするものを
1番美味しいと感じるように出来ているはず。
その優秀なシステムが、自然を逸脱した食生活のために軸がぶれてしまったのではないでしょうか。


人生を旅に例えるならば、
楽しく気持ちよく、たくさん笑い、途中多少のスリルがあろうとも、
最後はああいい旅だったね楽しかったねまた行きたいねと言えるのがいいなと、
そのためにはやはり身体が元気が1番だよなと。

やはりその価値観は譲れないのでした。
それにしても。
「身体に良いものは高い」
この負の定義的なものが無くなる未来が見たいと、つくづく思ってしまうのです。。。

長文失礼いたしました。














[PR]

by kondouyoogashi | 2017-04-24 15:36 | 日々雑記 | Comments(2)
Commented by かおりん at 2017-05-06 08:30 x
はじめまして。
近所で子供服のリサイクル店を細々とやってます。

閉店のショックから何度かお店を訪ね、
ああ、やっぱり本当に閉店なんだぁ、と嘆いている一人です。
てんさいロール、優しいケーキたち、大好きでした。
いつか再オープンしてくれたらうれしい。。。。
いつかレシピを教えてください。きっと上手に作れないけど(T_T)

わたしも子育てとの両立に奮闘してきた一人です。
ブログちょこちょこ立ち寄らせていただきます。
一言お伝えできる場所があってよかったです。
Commented by kondouyoogashi at 2017-05-06 14:30
> かおりんさん
初めまして、コメントありがとうございます。このようなコメントを頂くと、10年頑張ったのは無駄じゃなかったんだと実感し、本当に本当に嬉しく、感謝の気持ちで一杯です。
どんなプロでも、レシピを見て作っても、レシピを作った本人と全く同じようには出来上がりません。その人の個性が出るのです。もしいつか私がかおりんさんにレシピをお伝えできる機会があれば、自分の仕上がりを楽しんで頂けたら嬉しいです。子育てと仕事の両立の悩みは尽きませんよね。お店をされているのですね、とても素敵です、でも本当に大変ですよね〜!こういった場やSNSなどが共感というサプリの供給所となるのは悪くないなと思っております。私の気紛れで取り留めないBlogやFacebookをお読み頂きありがとうございます。今後も時々覗いて頂けたらとても嬉しいです。
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line