思い出のケーキ

ピンクのリネンのテーブルクロスを見て作りたくなったケーキ。
ちゃんと撮影する時間がなかったので、バタバタとショーケース裏側から撮影。

写真右手前、
フランボワーズのクレム・オ・ブールのケーキです。
アーモンドの生地の間にフランボワーズのバタークリームがたっぷり。
上にはフランボワーズ味のアーモンドのクラクラン。

これだけ聞くと、ウッと胸焼け気分になる方もいらっしゃるかと思いますが、
フランス菓子のバタークリームは実は様々な作り方があり、
このクリームは、スタッフに何も言わず食べさせると
「…ムース…ですか?コクのある感じの…」
と、言われる程に、軽いんですよ!
(でもカロリーは高い)

このケーキは、20年程前、私のバタークリームの概念を変えてくれた思い出のケーキです。
とてもバターたっぷりとは思えない、スッと軽くほどける口溶けに感動したのを覚えています。

数年前からのバター製造の激減と価格高騰で、
すっかり作ろうという気持ちが遠のいてしまってましたが、
作ってみると、やはりこのケーキへの思い入れを改めて感じました。

原価ばかり考えてたら、ケーキ屋魂が枯れちゃいます。
美味いもん作ってやるぞと心踊る、high になる。
d0171214_18451047.jpg

それこそがケーキ屋の楽しみだと思っております。
[PR]

by kondouyoogashi | 2016-10-20 18:45 | ケーキ | Comments(0)
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line