阿蘇の美しい思い出と、生クリーム。

熊本県の震災被害、甚大なものとなってしまいました。
支援物資の運送が滞っているとの報道が気掛かりです。
強い余震も続く状況の中、被災地の方々は大変不安なお気持ちで今この時間をお過ごしでしょう。
阪神淡路大震災発生後の夜、電気、水道、ガス、全てのライフラインが遮断された
真っ暗な部屋での余震は、私にとって数年間にわたりトラウマになった恐怖の体験でした。
復旧活動がいち早く進む事を願うばかりです。

阿蘇には、忘れられない美しい思い出があります。
私の両親はそれぞれ長崎と福岡の九州出身で、
小学生のころは毎年夏休みの間はほぼずっと祖母の家で過ごしていました。

私が小学三年生の夏、6人のいとこ達と母姉妹4人で、阿蘇山のバンガロー式の宿泊施設に遊びに行きました。
行きの道中、下では晴天だったのに山道では急激に曇天になったかと思うと激しい雷雨、でも標高の高い現地に到着する頃には日が射し雨も止み、
叔母の「山の天気は移り気だからね〜」という言葉にすっかり納得し、自然の荒々しさを感じたのでした。
夜は狭い部屋に布団を敷き詰めいとこ達と散々はしゃいだ後、眠りに就きました。
深夜、物音で目を覚ますと、大きないとこが外ですごいすごいと騒いでいました。
私も外に出て空を見上げ、言葉を失いました。
肉眼での光景と信じられない、宇宙図鑑の写真の様な、まばゆいばかりの満天の星空でした。
ミルキーウェイの名にふさわしい、天を2分するように広い夜空を縦断する白く輝く天の川。

もう一度、あの様な夜空を見たいとずっと思っていましたが、あれ程の夜空には未だ出逢えません。
いつか夏休みに娘を連れて、あの阿蘇の夜空を一緒に見上げたいと思っていました。

あの美しい阿蘇の夜空を、皆んなが笑顔で見上げる日が訪れることを、心から願っています。


ちょっと長くなってすいません。
当店で、九州の素材にお世話になっているのが、うちの看板商品、てんさいロールです。
写真のオーム乳業さんの生クリームは、てんさいロールの生地との相性が代替えが効かない程に抜群で、大変
d0171214_13441991.jpg
気に入っています。こちらの製品にはくまモンの絵がプリントされた、熊本産限定のクリームもあり、そちらもちょっと高級ですがとても美味しいです。
今朝問い合わせたところ今の所製造には影響は出ていないが、出荷のラインが今後危ぶまれるかも知れない、とのことでした。
乳製品や栗は、熊本県産はブランド価値が付いていて、とても美味しく人気があるのです。
素晴らしい食の宝庫でもある熊本県。
どうかどうか、1日も早い復旧を!
[PR]

by kondouyoogashi | 2016-04-18 13:44 | 日々雑記 | Comments(0)
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line