誕生日、新学年。

始業式の日、娘は誕生日を迎えました。
そういや小学校入学式の日もそうでした。
早いような遅いような、いや、やっぱり早いですね、子供の成長って。
大きくなっちゃう事がふとさみしくなり、
「もう一回お母さんのお腹に戻して、もう一回産んでもいいなあ〜」と言ったら、
「え。イヤだ。」と、あっさり。甘えん坊だけど、赤ちゃんに戻りたいとは思わないようでした。

今年の娘のケーキは、苺とピスタチオのムース。
卒入学シーズンで忙しい時なので、
実はいつも何かのついでや余りを適当に娘が好みそうな感じに組み合わせて作ってしまうのですが、
(ごめん!)
今年は適当具合が絶妙なバランスだったようで(笑)、何度もお代わりしてました。

誕生日ディナーは手巻き寿司、プレゼントはずっと欲しがっていたテプラ。
正直、時間も手間も掛ける余裕なかったのですが、喜んでもらえたようでホッと安堵。

さて、誕生日、つまり始業式の日、やや沈んだ面持ちで下校した娘。
一番の仲良しと同じクラスになれず、元同じクラスの子も少なかったようでした。

d0171214_1556369.jpg

翌日帰宅した時、「今日は新しいクラスはどうだった?」と尋ねると、
「まあ、なんとかやっていけそう。」と返答。
まあ貴女なら大丈夫だから頑張ってねというような事を言うと、
「うん。とりあえず今日の休み時間、ちょっとだけは知ってる男の子たち、あ、女の子もだ、そういう子達に、腕ずもうしようって言って回ってみた。」
「・・・みんな、してくれた?」
「うん。」

恐るべしコミュニケーション力。
心配するだけ損でした。
そういや3歳の時、沖縄旅行で宿泊したホテルのスパに入った時に
更衣室にいた人達全員とジャンケンして回ってたっけ。

変わってないなあと、ちょっと嬉しくなってしまいました。
三つ子の魂百までとは真実なようです。
[PR]

by kondouyoogashi | 2016-04-07 15:56 | 日々雑記 | Comments(0)
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line