サンタクロース

ママ友同士で、子供にサンタクロースの事をどう話すかと
クリスマス近くになると話に上ります。

年長の子供位になると、様々な疑問、質問を投げかけられ、
どう返答するか慌ててしまったり。

先輩ママ達からは、いつどうやってサンタクロースがいないとばれたかという
お笑い話を聞いたり。

因みに私はサンタクロースの存在を信じさせられた事がなかったため、
はなっから「サンタクロース伝説」と捉えていました(笑)。

まあ、大抵は自然に歳上の兄弟がいる子から聞いたりしてわかってくるようですが。
小学校になると、信じているなんて恥ずかしい、なんて思っちゃうんでしょうね。
それも何だか微笑ましくて可愛いです。

で、うちではどうしてるかと言うと、とりあえずまだ信じてるのですが、
写真が無いとか、日本人じゃないのに日本のオモチャもくれる事などに疑問を感じている様子。

どうして会えないの?
眠っている子の所にしかこないのよ、だから誰も会えないから写真は撮れないのよ。

色んな国のオモチャ、どうして持ってるの?サンタさん、集めるの大変!
世界中のオモチャ会社の人が、毎年サンタさんの所に「今年はこんなオモチャが人気なんですよ」って持って行って、渡してるから大丈夫。
ただであげるの?
うーん、サンタさん、大金持ちなんだよ。

どうして日本語のお手紙くれるの?
世界中の国にサンタさんのお手伝いする人がいて、それぞれの国の言葉に書き直してるんだよ。
だって、サンタさん一人じゃ世界中の子供に手紙書けないじゃない!

オモチャ配るのも、お手伝いさん?
いや、サンタさんたくさんいるんじゃないかな、「先生」みたいに「サンタクロース」のお仕事してる人一杯いるんじゃない?
じゃあ、1番のサンタさんは何してるの?
…社長さんで、お年寄りだからあまり動かないのかも…

要するに、サンタクロース & Co 説で通しています(笑)。

そして、心がしっかりして子供じゃなくなったらサンタさん来なくなるから、
そしたらお父さんとお母さんからあげるねと言ってます。

面倒くさ楽しいですよね、こういうのって。
[PR]

by kondouyoogashi | 2012-12-03 00:18 | 日々雑記 | Comments(0)
line

この店は、閉店致しました。が、blogは続く…


by kondouyoogashi
line